Since 2008.9.18



平成23年1月吉日

公益社団法人 大分県臨床検査技師会
会長  佐藤 元恭   

あいさつ

会員のみなさまへ

 会員の皆様方に於かれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、技師会活動にご協力いただき感謝申し上げます。
 新年度にあたり一言ご挨拶申し上げます。平成22年6月の総会にて、7名の新たな
理事が承認され役員一同新たな決意で会務を執行してまいりますので、より一層の
ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 さて、第45回九州医学検査学会を無事開催できました事は、会員一人一人の力が
結集でき、「一致団結」、「九州は一つ」の合言葉で会を盛り上げていただいたお蔭だ
と感謝しております また、本年度も学術部はもとより、企画部、組織部による研修
会・レクリエ―ションなどを多彩に計画して会員の要望に応え、特に倫理要綱、医療
人のマナー、危機管理について基本的な啓発活動を行います。
 新公益法人格取得については、早急に定款の見直しを行い、準備を進めてまいりま
す。新たな公益事業の推進、信頼できる臨床検査データの提供は、医療貢献できる臨
床検査技師の使命と考え、今後も大分県・大分県医師会・日臨技の協力の下に臨床検
査データ標準化事業、参考基準値の統一化も早期に整備していかなければと考えてい
ます。
 今後も皆様方の協力のもと、技術の研鑽を行い、質の担保を確立し、如何に地域医
療に貢献していくかを常に考えながら、会発展と臨床検査技師の地位確立、県民医療
の質の確保に微力ながら努めていく所存です。


 一般のみなさまへ

皆さんは臨床検査技師をご存知ですか?
臨床検査技師は病院をはじめ、保健所や衛生検査所、健診センターなど多くの職場
で活躍している国家資格を有した医療技術者です。直接お目にかかる事が少ない医
療現場で人体から様々な情報を収集・分析し医師にデータを届けています。
血液や尿・便などを検査する検体検査(一般・血液・輸血・免役・微生物・遺伝子・
生化学)、細胞や組織などに癌があるかないかを検査する病理細胞診検査、超音波・
心電図・脳波・筋電図・眼底検査など体の不具合な状態を調べる生理検査も臨床検
査技師が携わっています。当然、検査に関わる採血業務も我々の仕事です。
 臨床検査技師は医療の水先案内人でもあり、言うまでもなく病気の診断、治療、
早期発見や予防に貢献する、なくてはならない仕事に従事しています。
 今、我々は「臨床検査は国家資格を持った技師の手で」を一願に、日々研鑽し技
師の地位確立と県民医療の安全を保障するために努力しています。




 
Copyright (C) Oita AssoCiation of Medical Technologists, All rights reserved.